仙台市青葉区の歯科医院 山村歯科医院 インプラント ホワイトニング スタッフ募集 歯科医師 衛生士 求人 募集

セラミックスの利点

審美性

本物の歯と見分けがつかない美しさを半永久的に維持できる

①個性のある歯の色に合わせることができる
どのような色にも着色できるので、たくさんのサンプルの中から色の種類を選べます。
さらに、それぞれの歯の特徴に合わせて、部分的に色を付け足すこともできます。

②滑沢な表面に仕上げることができるので、本物の歯と同様の輝きを得られる
CR充填、レジン前装冠、ハイブリッドセラミックスなど、樹脂系の白い歯では得られない、ツルツルな表面に仕上げられる為、輝きのある歯にすることができる。

③本物歯と同様に半透明なので、質感も本物の歯と一緒
本物の歯もセラミックスも半透明で、表面の色と内部の色が同時に見えている。
レジン前装冠やハイブリッドセラミックスは不透明なので歯と同様の質感は得られない。

④半永久的に変質、変色、着色、摩耗がほぼない為、見た目に変化がない
非常に硬く、経年劣化もしない為、表面の輝きは失われず、汚れも付きにくい。
樹脂系の材料は時間と共に劣化し、変色、摩耗が起きる。着色もしやすい。

安全性

身体に対する為害作用が無い

①生体と親和性が高い
本物の歯と同様に、歯肉が薄く歯の上に伸びてくる為、境目が移行的で自然。
他の材料では歯と歯茎の境目が明瞭。歯茎との親和性がない。

②安定した物質な為、変質、変性、化学反応がなく、溶け出す物質もない
生体と親和性が高い上に、為害性の有る変化もない。アレルギー反応が起きない。
金属は金属アレルギーとガルバニー電流が生じる可能性がある。

歯科用金属の弊害

金属アレルギー
口の中に使用する金属でもピアスやアクセサリーと同様に金属アレルギーが生じます。
手に水泡ができる掌蹠膿疱症など、全身に症状が出る場合もあります。
頬っぺた内側の粘膜に、こわばり、白斑、発赤を生じる口腔扁平苔癬の原因にもなります。
日本の保険で使用する合金は卑金属を多く含む為、金属アレルギーが生じる危険が高いです。
いわゆる銀歯の合金に含まれる金属 : 金、銀、銅、パラジウム、亜鉛、すず、イリジウム、インジウム等

ガルバニー電流
イオン化傾向の違う金属が電解質溶液中に存在すると電流が発生します。(電池の原理)
イオン化傾向の大きいアルミ箔を咬むと痛みを感じがするのは、口の中に電気が流れるからです。(ちなみに、口の中に金属が無い人は箔を咬んでも電気が流れないので何も感じません)
歯科で使用する合金は金属の配合が微妙に違うために、微弱な電流が発生する場合があり、敏感な方はそれを感じることがあります。様々な疾患に関連している可能性があります。

③表面が滑沢な為、プラークが付きにくい
歯の表面に付く細菌の膜(プラーク)は虫歯や歯周病の原因になります。
プラークの付き易さは下記の様な順番になります。(右ほど汚れにくい)
樹脂系材料(CR、レジン前装冠など)>金属>本物の歯>セラミックス>ジルコニア

MI

ミニマム・インタベーションを実践する上で欠かせない材料

歯と非常に良くくっつく→虫歯の再発を防ぐ (接着性レジンは歯にもセラミックスにも強力に接着します)
適切な表面処理を行い接着性レジンを用いると、歯とセラミックスは非常に強力に接着します。
剥がれないということは、細菌の侵入を許さず、虫歯の再発を防ぐことができるということです。
歯の型を取って治す詰め物や被せ物の場合、材料が歯と良く接着することが大事になります。
何年後かに虫歯が再発するような治療は、本当の意味のMIではありません。

MI(ミニマム・インタベーション)とは?
必要最小限の侵襲で歯を治療する考え方。できる限り歯を削らずに治すというのが基本ですが、虫歯の再発を繰り返し、最終的に歯髄(歯の神経)を取ることになるようでは何の意味もありません。
最小限の削除と、再発防止には殺菌と接着の技術が欠かせません。

注意)手間をかけて適切な表面処理を行い、高価な接着性セメントを用いなければ、セラミックスは接着しません