仙台市青葉区の歯科医院 山村歯科医院 インプラント ホワイトニング スタッフ募集 歯科医師 衛生士 求人 募集

セラミックスとジルコニア

歯に使う材料は大きく分類すると高分子樹脂(レジン)系、金属系、セラミックス系があります。
レジン、金属、セラミックスもそれぞれ多様な種類があり、様々な特徴持っていています。
その無数にある材料の中から状況に合わせて適切なものを選び使用することになります。
ここではその中からセラミックス系の従来型のセラミックスと新しいジルコニアについて説明します。

セラミックスとは?

無機質を焼き固めたものです。
粘土を焼き固めた土器や陶磁器、ガラスなども広い意味でセラミックスですが、現在は純粋な原料で作られ結晶構造を持つファインセラミックスのことを、単にセラミックスと呼ぶことが多いです。
広い意味でのセラミックスの中で非結晶のものはガラスです。
セラミックスは硬い、割れる、曲がらないという特徴があります。
ちなみに、金属は原子どうし金属結合している物質です。
樹脂(有機質)とセラミックス(無機質)は原子どうしが共有結合しています。

セラミックス

セラミックス
セラミックス(無機質、共有結合)+ガラス(非結晶)

特徴
硬い、割れる、曲がらない、変質しない

金属

金属
金属(無機質、金属結合)


特徴
硬い、割れない、たわむ(曲がる)、変質

樹脂

樹脂
樹脂(有機質、共有結合)


特徴
柔らかい、擦り減る,たわむ、多孔質(吸水)
ちなみに、歯は主に無機質のハイドロキシアパタイトの結晶でできています。
セラミックスのように焼き固められて作られたものではありませんが、素材的にはセラミックスが一番歯に近い材料と言えます。
セラミックスが本物の歯と見分けがつかないほど審美性に優れているのは、そんな理由もあります。

セラミックスは無機質の原料を焼き固めて作りますが、原料の違いによって様々な種類があります。
歯科で使用するセラミックスは、主にシリカ系と酸化金属系に分けられます。

シリカ系酸化ケイ素(シリカ)が主成分の従来型のセラミックスです。陶器もシリカ系です。
酸化金属系アルミニウムやジルコニウムの酸化物が主成分です。磁器は酸化アルミが主成分です。

最近、爆発的に普及し始めている新しい歯科材料のジルコニアはジルコニウムの酸化物です。
(金属の酸化物は金属結合ではなく原子どうしが共有結合しているので金属ではなくセラミックスに分類されます)

従来のセラミックス(シリカ系)と、新しいセラミックスのジルコニア(酸化金属系)の特徴

どちらもセラミックスですが、便宜上、従来型を「セラミックス」、ジルコニアは「ジルコニア」と呼びます。

セラミックス
金属や樹脂、本物の歯と比較し、硬いが割れやすい。
従来の硬さの2~3倍の割れにくいセラミックスも登場。
審美性表面が滑沢で、艶があり、透明感も出せるので、本物の歯と見分けがつかない美しさ。
安心性全く変質、変性しないので有害物質も出さず、アレルギーの心配もない。
MI樹脂と非常によく接着するため、剥がれる心配がない。虫歯が再発しにくい。
信頼性20年以上の実績がある為、信頼性が高い。(当院では20年以上二次カリエス無し)

ジルコニア
従来のセラミックス10倍の硬さなので、割れる心配がない。
ブリッジ(歯をつなげて、歯が無い所に歯を作る方法)が可能。
審美性非常に滑沢だが、透明感が無く、色の種類も少ないので、審美性はセラミックスに劣る。
安心性変質しないのはセラミックスと同様。表面が非常に滑沢なのでプラークが付かない。
MI金属よりも接着の安定性があると思われるので、虫歯が再発しにくい可能性がある。
信頼性新しい材料なので、長期間の実績がまだない。信頼性はセラミックスに劣る。

ジルコニアセラミックス
ジルコニアの枠組み(フレーム)の上に従来のセラミックスを被せたもの
ジルコニアの硬さとセラミックスの美しさを両立。

料金
オールセラミックスクラウン
108,000円
フルジルコニアクラウン
86,000円
ジルコニアセラミックスクラウン
120,000円
セラミックスインレー
65,000円
ジルコニアインレー
54,000円