仙台市青葉区の歯科医院 山村歯科医院 インプラント ホワイトニング スタッフ募集 歯科医師 衛生士 求人 募集

セラミッククラウンQ&A

オールセラミックは差し歯とは違い他の歯と比べて自然な仕上がりになると聞いたのですが本当でしょうか?

神経のない歯に金属の土台を入れてその上に被せる治療には保険の治療と保険外(自費)の治療があります。前歯は保険でも白い歯にすることができます。保険外のセラミックスの歯でも、金属にセラミックスを焼き付けたもの(ホーロー鍋や七宝焼きみたいなもの)があります。 保険の白い歯(レジン前装冠)は本物の歯のように半透明の奥の深い色は出せませんし、時間がたつにつれて色が悪くなります。 オールセラミックスクラウンは保険の歯や前述の金属にセラミックスを焼き付けた歯とは異なり金属をいっさい使いません。歯に限りなく近い質感を出すことが可能です。変色もしません 。

以前、前歯はセラミックを使って治療をしてもらい、白くきれいになったのですが、笑った時に奥歯の銀色の被せ物が気になります。奥歯も白くしたいのですが、できるのでしょうか?

奥歯もオールセラミックスで治すことができます。

数年前に、前歯を差し歯にしたのですが、歯肉が黒いのと歯肉と差し歯の境目の黒いラインが気になります。これって健康な歯ぐきの色に出来ますか?

金属を使用する被せものは光を通さない為、被せものの周囲に黒い影ができます。 神経のない歯に金属の土台を入れた場合は内部の金属の影が出て、歯肉が黒く見える場合があります。 金属を使用しない土台(ファイバーコア)を使用し、オールセラミックスクラウンを被せることにより、自然な歯肉の色を実現し、歯肉との境目の黒いラインを消すことができます。 本物の歯と見分けがつきません。

セラミックは白くきれいに治療ができると聞いたのですが、口に入れることの安全性は他のかぶせものと比べどうなのでしょか?

セラミックスは非常に安定した素材です。長い年月を経てもセラミックスは変質しませんし、アレルギーもありません。ほとんどの金属は金属アレルギーを引き起こす可能性があります。

前歯をセラミックにしようと思っているのですが、耐久性はどうなのですか?また、どのくらいの期間もつのですか?

セラミックスは極めて硬く耐久性にも優れていますが、それぞれの口の中の条件によってかかる負荷が変わりますので、どのぐらいの期間もつと言うことはできません。 セラミックスは歯やファイバーコアと相性が良く、最新の接着剤を用いると極めて強力に接着します。歯と強固に接着することによって細菌の侵入を防ぎ、歯を虫歯から守ります。外れる心配もありません。 また、ファイバーコアを併用することによって、神経のない歯が割れたり、細菌の侵入により根の先に炎症が起きてくることを防ぎます。 オールセラミックスやハイブリッドセラミックスは、他の被せものに比較した場合、見た目だけではなく歯を守る意味からも非常に優れた治療方法だと言えます。