仙台市青葉区の歯科医院 山村歯科医院 インプラント ホワイトニング スタッフ募集 歯科医師 衛生士 求人 募集

治療内容

奥の虫歯の詰め物の種類

CR充填(保険適応)

  • レジンという材料は現在、歯と一番よく接着する材料です。
     削ったその日に詰めることができます。
  • 長期に渡って歯と強力に接着するためムシ歯の原因菌の侵入を防ぐことができ、
     二次カリエス()の発生を予防できます。
  • ムシ歯だけ削ればそこに強力に接着するので削る量を最小限にとどめることができます。
     MIに最適な治療方法です。
  • 見た目はもともとの歯に近く綺麗。
  • 時間が経つと表面が変色してきます。また、歯と詰め物の境目が欠けてしまう場合があります。
     よって、歯石を定期的に取るのと同様に定期検査時のメインテナンスが必要となります。
※二次カリエスとは、一度治療したところに再び発生する虫歯のことです。
 合っていない詰め物や、外れかけた詰め物に発生します。

メタルインレー充填(保険適応 保険適応外の金属を使用することも可能)

  • 歯の型を採って、次の治療日に装着します。
  • 模型上で製作するため、大きな詰め物や口の中に直接詰めにくい
     (CR充填しにくい)ところにも詰めることができます。
  • 金属は歯と強く接着できないため、虫歯以外のところも余分に削って、
     外れないような形に整える必要があります。
  • 長期間経つと金属と歯をくっつけている材料が破壊されて外れてしまうことがあります。
  • 歯と金属の間の見えない隙間から虫歯の原因菌が侵入して内部に虫歯が生じることがあります。
  • 金属なので見た目は悪い。

セラミックインレー・ハイブリットセラミックインレー(保険適応外 自費治療)

  • レジンセメントを用いることにより歯と強力に接着します。
     メタルインレーと同様に歯の型を採って次回に装着します。
  • 模型上で製作するため、大きな詰め物や
     口の中に直接詰めにくいところにも詰めることができます。
  • ある程度の厚みが必要なので、メタルインレーと同様に
     虫歯になっていない場所も削る必要があります。
  • セラミックスは歯と強力に接着することが可能なため、
     外れる心配や内部が新しいムシ歯になる心配が少ないです。
  • 見た目は良好。治した場所が分からないほどの美しさ。
  • セラミックスの場合はまったく変質しないので見た目のよさがいつまでも続きます。
  • ハイブリッドセラミックスは硬さが天然歯に近いので
     長期的に理想的なかみ合わせを持続することができます。

治療法保険詰めにくい場所接着力二次カリエス削る量見た目耐久性・変色
CR充填
適応内
×
×
メタルインレー
適応内
×
×
×
×
セラミックスインレー
適応外
×

注意:上記奥歯の詰め物の説明は、山村歯科医院中央通診療所で使用する材料、
   治療法においての比較です。

二次カリエス治療症例

二次カリエス治療症例

歯に被せる物の種類

-歯髄(神経)を取り除いてしまった歯や大きいムシ歯は被せて治す必要があります-

神経の治療をした歯は割れやすくなるために歯を丸ごと被せて噛むところを覆う必要が生じます。
また、神経が生きている歯でもムシ歯が大きくて詰め物では治しきれない場合は被せなければなりません。
保険適応
硬質レジン前装冠(前歯)、メタルクラウン(保険適応外の金属を使用する事も可能 奥歯)
○ 長期間経つと外れてしまうことがあります。
○ 歯と金属の間の見えない隙間から虫歯の原因菌が侵入して内部に虫歯ができることがあります。
○ 前装冠の硬質レジンは時間が経つと磨耗や変色をします。
 (前装冠はメタルクラウンの表の部分に硬質レジンを貼り付けて見た目を改善したものです)

保険適応外(自費治療)
オールセラミックスクラウン、ハイブリットセラミックスクラウン
○ レジンセメントを用いることにより歯と強力に接着します。
○ 歯と強力に接着することが可能なため、外れる心配や内部が新しいムシ歯になる心配がありません。
○ 金属を使わないため金属アレルギーの心配がありません。
○ 見た目は良好。治した場所が分からないほどの美しさです。
○ オールセラミックスの場合はまったく変質しないので見た目の良さがいつまでも続きます。
○ ハイブリッドセラミックスは硬さが天然歯に近いので
  長期的に理想的なかみ合わせを持続 することができます。

保険適応外(自費治療)
フルジルコニアクラウン(オールジルコニアクラウン)
治療法保険接着力(※1)ブリッジ(※2)削る量(※3)見た目(※4)
メタルクラウン
適応

×
フルジルコニアクラウン
適応外

オールセラミックスクラウン
適応外
×

ジルコニアフレーム セラミックスクラウン
適応外


※1, 接着力は①歯、土台と ②接着剤、③装着物の三つの材質的な関係で決まります。
   接着剤は日々進化しており、一昔前に比較すると格段に接着するようになっています。
   接着力や接着剤の耐久性は、装着物の外れやすさや装着物の中に新たなむし歯(二次カリエス)
   ができやすいかどうかを左右します。
   接着力がよい方が二次カリエスになりにくいと言えます。
   言いかえれば長持ちするということです。金属に比較してセラミックスは歯とよく接着します。

※2, 純粋なオールセラミックスクラウンは見た目が最も自然ですが、歯ぎしりをしている方のように
   強い力が加わると割れることがあります。
   また、歯が無いところに歯を連結する事によって歯を作る治療法(ブリッジ)はできません。
   ブリッジの場合はe-Maxやジルコニアフレームのセラミックスで対応します。

※3, セラミックスクラウンの場合、メタルクラウンやフルジルコニアに比べ
   1㎜程度余分に厚みが必要となるため、多少歯の削除量が多くなります。

※4, オールセラミックスクラウン、ジルコニアフレームセラミックスクラウンは、
   色合わせがうまくいけば本物の歯と見分けがつかないぐらいきれいに仕上がります。
   旧来のメタルフレームセラミックスクラウン(メタルボンドセラミックス)は歯の根元が黒く見え
   ますが、金属を使わないセラミックスクラウンは歯茎との移行部分も自然な仕上がりになります。

   メタルクラウンは保険の場合は銀色の金属です。(いわゆる銀歯)
   フルジルコニアはセラミックスクラウンに比較して、見た目は劣りますが
   歯に近い色で仕上げることが可能で、費用も安くかぶせることができます。
   また、削除量も少なくて済みます。メタルクラウンに比較すると見た目と接着力が勝ります。
   ただし、前歯には適応できません。(前歯の場合は保険の歯かセラミックスクラウンになります)
   当院では、保険のメタルクラウンを一ランク上のフルジルコニアにして頂きたいと考え、
   フルジルコニアの費用を格段に抑えて設定しております。

フルジルコニア ブリッジの症例

フルジルコニア ブリッジの症例
右下567のブッリジです。(6欠損)
56はジルコニアフレームの上にセラミックスを盛っております。
7はフルジルコニアです。
7は対合歯との距離が近く、歯の削除量が取れなかったのでフルジルコニアにしました。
見た目的な差は写真のような感じです。
歯の色はきれいに出せませんが、削る量が少ないということと費用が抑えられるというメリットがあります。

フルジルコニア 単冠の症例

フルジルコニア 単冠の症例
7番のみ対合歯との間隔が狭かったのでフルジルコニアにしました。

神経を治療した歯に入れる土台の種類

-歯髄のない歯には補強するため、また欠損部分を補うために土台を入れます-

神経の治療をした歯は被せる治療が必要となります。
そのため、あらかじめ、歯の足りない部分を造ってやらなければなりません。
神経を取った根の中に土台を刺し込む形で装着します。

メタルコア

金属製の土台です。
以前はこの土台をできるかぎり根の深いところまで刺し込んで付けるのが良いとされてきました。
ところが、金属と歯の接着力が弱いため外れやすく、硬すぎるために弱くなった歯の根を割る危険があることが分かってきました。
10年前20年前に入れられたメタルコアが歯を割ってしまったために、歯を抜かざるを得なくなる症例が最近増えています。

ファイバーコア

レジンという樹脂製の土台です。
最新のレジンセメントを使用することにより歯と強力に接着します。
歯と土台が完全に一体化することによって、神経を取って弱くなった歯を補強し割れることを予防します。
レジンの中にグラスファイバー製のファイバーポストという心棒を入れるので、金属をまったく使わない治療を行うことができます。
セラミックスとも強力に接着するのでセラミックスを被せる場合は必須です。

メタルフリー

-歯科に使われている金属は金属アレルギーの原因となることがあります-

レジン、セラミックス、グラスファイバーといった材料を使用することによって金属を一切使わない治療を行うことが可能です。
歯科の接着技術は現在、一昔前と比較にならない接着力を誇ります。
最新のレジンは歯、セラミックス、グラスファイバーと強力に接着します。
ただし、金属との接着力はまだ十分なレベルにまで達していません。

金属を使わない(メタルフリー)治療の利点

  1. 歯と一番良く接着する最新のレジンを使用することで歯を最小限度しか削らずに治療できる
  2. セラミックスをレジンで接着することで外れない装着物を入れることが可能
  3. 歯から剥がれない材料によって、治療済みの歯に新しいムシ歯を作らない
  4. 神経治療済みの歯に対してファイバーポストとオールセラミックスクラウンを用いると
      弱くなった歯を強力に補強することができる
  5. 金属がないので見た目が良い
  6. 金属アレルギーの原因を取り除くことができる

MI(ミニマルインタベーション)

-歯を削る量を最小限度にすることで歯を長持ちさせましょう-

最新の接着技術は従来の方法に比べ、格段に歯の削除量を減らすことが可能です。
  1. ムシ歯のみを削って最終的な詰め物をする
  2. 治療済みの歯に新しいムシ歯を作らないためにレジンやセラミックスを用いて治す
  3. 神経を取ると被せて治す必要が生じるので、ADゲル法や3Mix、レジンの接着性を生かし、
      神経をできるかぎり取らずに治す
  4. 従来の方法では将来的に神経を守ることが不可能な深いムシ歯に対し、 
      接着技術を駆使して神経を保護する
  5. 神経を取ってしまった歯にファイバーポストを用い、
      将来歯が割れてしまうことを未然に防ぐ
MIの考え方を治療の基本におくことは歯を長く丈夫に保つ上で非常に重要です