仙台市青葉区の歯科医院 山村歯科医院 インプラント ホワイトニング スタッフ募集 歯科医師 衛生士 求人 募集

歯磨き粉の選び方

お口の中の状態にあった歯磨き粉を使っていますか?


歯磨き粉によって、入っている成分の性質が異なります
研磨剤歯の表面に付着する着色、汚れを削り落とします。
発泡剤界面活性剤。石鹸や洗剤と同様に汚れを取り除きます。
薬効成分殺菌や抗炎症など、様々な効果をもたらします。
その他味や香り、ペーストの基剤など、上記以外の成分。
サンプル画像
研磨剤の粒子の硬さや形、大きさが異なるので、研磨力に違いがあります

研磨力が強いと、着色を落とす力は強まりますが、歯の表面が傷つきます。
歯に傷が付くと着色し易くなるので、歯の表面の状態に合わせた研磨力を選択する必要があります。
歯がツルツルなら、弱い研磨力の方が着色しにくい状態を保てます。



サンプル画像
低発泡のものや発泡剤が無配合の歯磨き粉があります

発泡力が強すぎると、口の中が泡だらけになり、歯ブラシがどこに当たっているのか分かりにくくなる為、磨き残しが生じやすくなります。
低発泡の歯磨き粉は、丁寧に時間をかけて磨くのに適しています。


サンプル画像
殺菌剤、虫歯予防や歯肉の炎症を抑える薬、知覚過敏に効く薬など様々


薬効成分は多数あり、それぞれ効果が異なります。
殺菌剤プラークの中に浸透殺菌する薬。口の中に漂う細菌を殺菌する薬など。
CPC、IPMP、LSS、CHXなど
虫歯予防歯を強化するフッ素。歯にカルシウムを補充する成分など。
NaF、MFP、HAP、CPP-ACPなど
抗炎症剤歯茎の炎症を抑える成分。歯茎の血行を良くし治癒を促進する成分など。
グリチルリチン酸、トラネキサム酸、ε-ACAなど
着色抑制歯に沈着した着色を浮かして取れやすくする成分。着色を予防する成分など
PEG、PVP、ポリリン酸Naなど
知覚過敏象牙細管を封鎖したり、刺激の伝達をブロックすることでしみなくする成分。
乳酸アルミニウム、硝酸カリウム、HAPなど


サンプル画像
味や香り、ペーストの柔らかさ粘性などに関わる成分も入っています

毎日使う歯磨き粉なので、飽きのこない好みの味や香りであることは重要な要素です。
ペーストの状態も磨き心地や薬効成分の効き目に影響を及ぼします。

山村歯科医院では状態に合った歯磨き粉を選んで処方いたします

汚れが付きにくいツルツルで輝きのある歯なのに、 研磨力の強い歯磨き粉で歯の表面を傷つけていませんか?

お口の中の状態は人それぞれです。
間違った歯磨き粉を使うと逆効果になる場合もあります。
山村歯科医院では状態に合った歯磨き粉を選んで処方いたします。


例えば
症状有効成分処方する歯磨き粉
プラークが多く虫歯になり易い状態・プラークに浸透殺菌する IPMP
・歯質を強化する フッ素
・歯を再石灰化させるミネラル β-TCP
クリンプロ
プラークが多く歯茎の炎症が起きている・プラークに浸透殺菌する IPMP
・口臭を予防する LSS
・歯茎の炎症抑制 トラネキサム酸
システマデンタルペーストα
歯の表面を滑沢にしたい ツルツル、輝きを維持・歯の表面の凸凹をナノ粒子で埋め立てる リナメル
・汚れを浮かせて取る PEG PVP
アパガードリナメル

お口の中の状態に合ったケアアイテムを選び、使用法をご指導いたします。